管理栄養士の通信教育

 

管理栄養士の通信教育講座

通信教育講座のメリット

 

管理栄養士は栄養士の上位資格で、四年制なら実務不問、それ以外なら規定年数の実務経験を必要とする厚生労働大臣の免許である名称独占資格です。

 

管理栄養士は栄養士より、いちだんと知識は専門的で幅広いものになります。業務内容自体も管理栄養士は栄養士より、より高度な業務になります。

 

そのため、通信教育や通信講座では学問のブランクを埋めるために受ける人も少なくありません。

 

なぜならば、管理栄養士の資格取得を独学で目指すなら、費用はテキスト代程度ですが、独学で合格というのは非常に困難です。

 

そのため、多くの人が通学なり通信教育なり、何らかの講座を受講して専門的な知識を学ぶのです。

 

社会人の場合、仕事の後にスクールや講座に通学するのは時間もなく、なかなか難しいと思われます。

 

そこで、通信教育をお勧めします。通信教育のメリットは、通学に比べて学習時間が自由で費用も安く済むということです。

 

試験は年に一回行われるので、くしくも通学で一発合格できなかった場合には、それなりの学習費用が飛んでいくことになります。

 

しかし、通信教育ならばもう一年受講したとしても、費用は通学講座の約半分です。

 

カリキュラムに添ってコツコツ学習する忍耐力のある人には通信教育はおすすめの勉強方法です。

 

おすすめ大学は女子栄養大学です。
管理栄養士国家試験合格者数トップレベルの女子栄養大学が女子栄養大学社会通信教育部を開講しており、管理栄養士の試験対策のポイントをおさえた学問のDVD講義はもちろんのこと、管理栄養士試験の直前には、大学の模試を無料で受験することができます。

スポンサード リンク




厚生労働省:管理栄養士国家試験 /Google /

 


inserted by FC2 system